Wine Diary

    2006年6月21日よりワイン日記を書き始めました。おかしなコメントも多いけど、
    勉強中だから許してください。
                                             

2017年 7月〜12月 2017年 1月〜6月 2016年 7月〜12月
2016年 1月〜6月 2015年 7月〜12月 2015年 1月〜6月 2014年 7月〜12月
2014年 1月〜6月 2013年 7月〜12月 2013年 1月〜6月 2012年 7月〜12月
2012年 1月〜6月 2011年 7月〜12月 2011年 1月〜6月 2010年 7月〜12月
2010年 1月〜6月 2009年 7月〜12月 2009年 1月〜6月 2008年 7月〜12月
2008年 1月〜6月 2007年 7月〜12月 2007年 1月〜 6月 2006年 6月〜12月

286

2009/12/27
■ 「シャトー・パヴィ」1997
ボルドー右岸のサンテミリオン1er Grand Cru Classeのワイン。超オフビンテージの1997年ものを試してみました。なぜ超オフビンテージかというと、この1997年にシャトーがジェラール・ペルスによって買収され、何とか前所有者のジャン=ポール・ヴァレットは醸造したものの、ボトリングはジェラール・ペルスによるというややこしいもの。評価は低く、パーカーポイント 86点。やはり酸味が先行して、逆にタンニンはどこかに消えてしまっていました。パヴィについてはwinart37(写真下)にて、「ある一部の評論家の点数やプリムール価格の高さと同一視したところが悲劇だ」と言われ、「ボルドーというより新世界的な味わい」と評され、シャトーそのものの評価は意見が分かれています。その論争を確かめるなら2005年ものあたりを飲めばいいのですが、5万もするなら他のものを選択するでしょう。メルロー60%、カベルネ・フラン30%、カベルネ・ソーヴィニョン10%

285

2009/12/24
■ ピエール・ジモネ「ブリュット・ブラン・ド・ブラン・キュイ・1er」NV
クリスマスはシャンパンで。今日はプルミエのシャンパンを開けました。シャルドネ100%のブラン・ド・ブラン。瓶内二次発酵は瓶を逆さにして、澱とワインがなるべく接触しないようにする繊細な造りのようです。シャンパンの良し悪しは分かりにくいのですが、やはりプルミエだけあって、すっきりと切れのよい味わい。しかもりんごやナッツの風味も程よく、とても満足できました。この後は、ACブルの中では秀逸のドメーヌ・アルローの「ブルゴーニュ・ルージュ・ロンスヴィ」2007 。そして焼酎「魔王」「七窪」と続きました。(mapはGooglemapよりマーキング。○あたりがキュイ村。)

284

2009/12/19
■ ジャニアール・マルセル「ブルゴーニュ・ルージュ」2003
北はジュブレ・シャンベルタン、南はシャンボール・ミュジニーという名醸地に挟まれたモレ・サン・ドニ村の作り手です。2004年にマルセルが引退して、長男と次男が分割相続しています。つまり2003年はジャニアール・マルセルとしての最後のヴィンテージということになります。それがいいのか悪いのかとりあえず試してみました。透明感のない濃い目の色合いですが、口に含めば透明感がある味わい。全てが溶け込んだソフトな味わいです。しかし時間が経ってもそのままで、結局は1時間経たずに落ちていきました。2004年以降の長男のレミ・ジャニアールのモレ・サン・ドニの村名ワインを試せば、その差は分かるかと思います。なおモレ・サン・ドニには五つのGrandCruがあります。 Clos de la Roche、 Clos Saint-Denis、 Clos des Lambrays、 Clos de Tart、Bonnes Mares。簡単には手が出せません。

283

 2009/12/17
■ フーリエ「ジュブレ・シャンベルタンVV」2007
抜栓時はあれっ?と思うほど静かですが、徐々に高まりを見せ、食事中はずっといい味わいと香りを漂わせていました。少し前に飲んだ「オーエシェゾー」2007と比べると、値段は同程度ですが、こちらのVVの方がよい出来のように思えます。もう何年か寝かしておくべきかもしれませんが、フーリエの味わいが思い出されて我慢ならず、飲んでしまうという悪循環ですね。メニューのメインは、「白菜ロール」です。ロールキャベツの白菜版です。ナイフで切りにくいのですが、白菜ならではの癖のない甘い味わいがたまりません。
2009/11/19 「ジュブレ・シャンベルタン・オーエシェゾーVV」2007
2008/8/2「ジュヴレ・シャンベルタンVV」2005

282

2009/12/16
■ オリヴィエ・ジュアン「ブルゴーニュ・ルージュ」2007
ラベルのデザインが妙に気になる作り手でしたが、やっとその底物の「ACブル」を飲んでみました。味わいは、インパクトがもう一押し足りないようで薄く感じてしまいますが、クリアな味わいは丁寧な醸造がされている印象があります。香りも控えめです。20分ぐらいでそこそこ盛り上がってきて、期待させますが、やはりやや水っぽさが残りました。ラベルのマークは葡萄の樹をイメージしているようで、葡萄の葉や房が見えます。面白いのは、中央下部にウサギのような生き物がいることです。かわいいデザインなので女性の醸造家かと思いましたが、30過ぎの男性のようです。

281

2009/12/12
■ ドメーヌ・ド・モンティーユ「ブルゴーニュ・ルージュ」2007
コート・ド・ボーヌのヴォルネイを本拠とするモンティーユ家によるワイン。最近では、ヴォルネイ以外にもコルトンや、ヴォーヌ・ロマネのマルコンソールにも畑を持ち、長期熟成を目指したワインを造っています。
なかなか手に入りにくいものです。薄い色合いで、あっさりとした味わいですが、薄口ピノの真髄という感じで、雑味なくクリアです。アルコール度は12%で、このあたりもモンティーユらしいところでしょうか。
(mapはWinart36より引用してマーキング)

280

2009/12/5
■ セリェール・ピニョル「ラッチ・デ・ライム・テラ・アルタ」2008
今日はスペイン、カタルーニャ地方、テラ・アルタのワイン。Raig de Raim=ぶどうのいなずま?、Terra Alta=高い場所。標高400〜600mにある畑で、高地での厳しい環境ながら、日照に恵まれよく育った葡萄のようです。セパージュはガルナッチャ30%ベースに、カベルネ・ソーヴィニヨン25%、メルロー25%、シラー20%というアッセンブラージュ。色合いはやはりボルドー風の濃い目で、味わいも良く似た感じです。口当たりはそこそこですが、時間が経つと次第にゆるみが出て、持続力はありませんが、値段からすれば良い方でしょう。(mapはカタルーニャ地方、テラ・アルタ周辺、Googlemapよりマーキング)

279

2009/11/26
ドメーヌ・ ギヨン「ブルゴーニュ」2000
ドメーヌ・ギヨンのACブルゴ−ニュ。2000年ものということで、そろそろ熟成の域に入っているかなと思い抜栓。舌に残るタンニン。しかししっかり溶け込んできている感じです。もともとはタンニンが強かったのだろうと推察できますが、今ではいい雰囲気になっているようにも思えます。樽香もすがすがしく、口に含めば広がりもあります。時間の経過とともに高まってくる感じはありませんが、逆に急に落ちていく感じもなく、そこそこよいレベルで持続したという感じが漂います。写真は当主のピエール・ギヨン(Winart41より)。
2006/10/2 「ジュヴレ・シャンベルタン レ・プラティエール」2001

278

2009/11/22
■ ポンソ「ブルゴーニュ・ルージュ・キュヴェ・パンソン」2001
久しぶりにポンソを手に入れたので飲んでみました。ACブルでしかも2001年ものだから実はそれほどは期待していませんでしたが、やはり手に入りにくいポンソ。ジュブレやシャンボールの村名ものがとてもよかったので、ACブルでもそれなりに期待して抜栓。色は枯れた感じ。味わいはポンソらしいやや梅風味の酸が強めの熟成の味わい。まあまあいい感じですが、何か広がりと奥行きが足りない。美味しいけど深みがない。少し値段が高くても村名ものを狙うべきですね。でも、その村名ものが手に入らない(;_;)。
2009/5/4 「ジュヴレ・シャンベルタンキュベ・デュ・ラベイユ」2006
2009/4/26 「シャンボール・ミュジニー・キュベ・デ・シガル」2006
2009/4/19 「ジュヴレ・シャンベルタンキュベ・デュ・ラベイユ」2006
2008/6/26 「ジュヴレ・シャンベルタン・キュヴェ・ド・ラベイユ」2005
2007/6/12 「ブルゴーニュ・アリゴテ・キュヴェ・デュ・ロシニョール」2004

277

2009/11/19
■ フーリエ「ジュブレ・シャンベルタン・オーエシェゾーVV」2007
ボジョレー・ヌーボーの解禁日。最近はボジョレーの低価格のものが出てきました。ガメイ種のワインとしては、やっと適正な価格に近づいてきたのかと思います。が、しかし今日はヌーボーではなくジュブレの大御所のフーリエを開けました。とにかく確実な味わいが期待できるはずという思いで抜栓。枯れた透明感の高い色合い、樽の香り、赤系果実の酸味の効いた味わいです。やはり期待を裏切りませんね。このオー・エシェゾーはジュブレの南端、R74に面して西側で、かなりいいテロワールです。(mapはWinart43より引用してマーキング)
2008/8/2「ジュヴレ・シャンベルタンVV」2005

276

2009/11/14
■ ミッシェル・グロ「オート・コート・ド・ニュイ」2006
11月3日に飲んだのは2005年もの。これは文句なく美味しかった。で、今回はあえて2006年ものを試してみました。2005年の出来には及ばないにしても、どれくらい迫れるか期待して抜栓。あれ?なんだか普通という感じ。香りも味わいもしっかりまとめ上げられていて、十分に美味しいピノですが、やはり2005年に受けた「うまい!」という感動は受けませんでした。値段的には差がないので、2005年ものがあったら、少し多めに購入しておこうかなと…。しかし、予算は限られてるなあ…。写真は当主のミシェル・グロ(Winart41 p59より)、ヴォーヌ・ロマネの栽培者組合会長を務める。水質汚染を防ぐために除草剤排除運動を起こし、ヴォーヌ・ロマネの土壌の安全性を守っています。
2009/11/3 「ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ」2005
2009/2/15 「ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ」2004
2008/12/13 「ヴォーヌ・ロマネ」2006
2006/7/10 「オート・コート・ド・ニュイ・ブラン」2002

275

2009/11/12
■ ロベール・シュルグ「ブルゴーニュ・ルージュ」2005
ロベール・シュルグに対しての評価はかなり高いものなのですが、実際の売れ行きはそれほどでなく、なぜなんだろう…ということでとりあえずACブルを飲んでみることにしました。で、不安は的中。酸味は印象的かつ個性的でいいのですが、タンニンがきつく、とにかく渋くて固くて、ボトル半分でギブアップしました。ギブアップはこれまで1,2回しかないわけでそれほど飲みにくかったというわけです。栓を戻して1日置きました。2日目はやや柔らか味が出て飲めましたが、それでもまだ固い。このワイン、ひょっとして最初から10年熟成を目指してるのかなと…思ったりもしました。結果としては、2000年以前のものを飲んでみないと分からないという結論です。所有畑は、AOCヴォーヌ・ロマネ4ha、AOCブルゴーニュ2ha、グラン・エシェゾー0.13ha

274

2009/11/3
■ ミシェル・グロ「オート・コート・ド・ニュイ」2005
2005年ものは絶対にいいはず!という訳で、しばらく飲まずに置いておきましたが、今日は制作していた囲炉裏が完成したので、祝いで開けてみました。予想通り程よく酸が効いていて、しかも骨格がしっかりしていて、簡単には崩れない雰囲気でした。この雰囲気なら数本キープしておくべきだったかな?と思うくらいでした。囲炉裏で焼き豚やさつま揚げ、野菜類を焼き、また焼き鳥を温めながら食べ、酒の肴としました。
2009/2/15 「ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ」2004
2008/12/13 「ヴォーヌ・ロマネ」2006
2006/7/10 「オート・コート・ド・ニュイ・ブラン」2002

273

2009/10/31
■ ショーヴネ・ショパン「ブルゴーニュ・ルージュ」2007
以前飲んだショーヴネ・ショパンの「シャンボール・ミュジニー」はいまいちだったのですが、安い底物のACブルを入手できたので試してみました。香りも味わいもシンプルですが、決して薄いなどという感じではなく、逆にうまく調和できているという印象でした。また、持続力もそこそこありました。もう少しインパクトがあるといいかなとも思いましたが、この調和の良さがショーヴネ・ショパンの特徴なのでしょう。次回は本拠地のニュイ・サン・ジョルジュを試してみたいものです。
2008/6/4「シャンボール・ミュジニー」2005

272

2009/10/29
■ ロベール・アルヌー「ブルゴーニュ ピノ・ファン」2007
久々のロベール・アルヌー。底物でもいい味わいを出してくれるロベール・アルヌーです。抜栓時より香りも味わいもぐんぐん高まり、ピークではぐっと迫るものがあります。またアルコール度も高く感じ、いい雰囲気で酔わせてくれます。Winart41では良年の2005年ものでも76点と低く、アルコールの強さが返ってマイナス評価になっていますが、底物でこの雰囲気はかなりお得なのだろうと思います。以前にも書きましたが、当主はパスカル・ラショーですが、パスカル・ラショー物と亡き父親名のロベール・アルヌー物の二通りがリリースされています。時々食べたくなるロールキャベツ。やはり美味しいですね。
2009/1/10 パスカル・ラショー「ブルゴーニュ ピノ・ファン」2005
2008/12/20 「ヴォーヌ・ロマネ」2005
2007/6/30 「ブルゴーニュ・パストゥグラン」2005
2006/10/14 「ブルゴーニュ ピノ・ファン」2002

271

2009/10/24
■ ロブロ・マルシャン「ブルゴーニュ・ルージュ」2007
今日はちょっと名前をあまり存じていない生産者を試してみました。当主のフレデリック・ロブロは2001年に醸造学校を卒業したというのですからまだ若い。しかしクリストフ・ルーミエ(ジョルジュ・ルーミエの現当主)とドミニク・ル・グエン(ユドロ・バイエ)の指導を受けたというのですから、それなりの期待はできるはず。抜栓時の香りは静か。味わいは酸味が程よく効いていて、ピノの味わいを十分に引き出しているという感じです。このままぐんぐん行けるかと期待するも、20分で下降線へ。でも、ACブルとしては十分満足できたので、このロブロ・マルシャンは注目度大ですね。

270

2009/10/22
■ グロ・フレール・エ・スール「オー・コート・ド・ニュイ」2006
グロ・フレール・エ・スールの「Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Rouge」2006です。ヴォーヌ・ロマネ村の名門グロ家は4つのドメーヌ(アンヌ・グロ、アンヌ・フランソワーズ・グロ、ミッシェル・グロ、グロ・フレール・エ・スール)に分かれています。この中でグロ・フレール・エ・スールは黒系の果実味が豊富で濃い感じの味わいだという印象でした。確かにこの2006もそういう感じを漂わせていますが、やや硬く重い味わいで香りは控えめです。タンニンが全面に出て、渋みが舌に当たる感じです。好みが分かれるところでしょう。以前飲んだ2005は、かなり美味しいという印象だったので、2006はやはり2005には敵いませんね。
2008/2/24 「オー・コート・ド・ニュイ・ルージュ」2005

269

2009/10/17
■ ロベール・グロフィエ「ブルゴーニュ・ピノノワール」2007
2007年もののグロフィエのACブルは市場にはまだまだ在庫ありの状態であり、人気の程度からあまり期待していませんでしたが、手頃な価格なのでまた開けてみました。結果としては、以前飲んだときと同じ印象で、2007年は香りも味わいもやや低いレベル。しかしさすがロベール・グロフィエで、きれいにこじんまりとまとめ上げられていてACブルとしてはいける物となっています。2007年物の「シャンボールミュジニィー・1er・レザムルーズ」をキープしていますが、2007年のこの雰囲気なら少し不安感が漂いますが、グロフィエを信じたいところです。
2009/5/31「ブルゴーニュ ピノ・ノワール」2006
2009/3/7「ジュヴレ・シャンベルタン」2005  
2009/1/21「ブルゴーニュ・ピノ・ノワール」2005


268
 
2009/10/15
■ トロ・ボー「ブルゴーニュ・ルージュ」2007
トロ・ボーはショレィ・レ・ボーヌに多くの畑を持つ歴史ある生産者。ボトルはぽってりとした膨らみがあり、逆に首の部分は細くなっています。これはWinart19でオーナーのナタリー・トロ女史(写真下:Winart19より)が「セラーで見つけた100年前のボトルをコピーしたもので、99年から使用しています」と述べています。長期熟成を目指すにはこういうボトルがいいというわけです。ですが、このACブルは2007年もの。さすがに若すぎですが開けてみました。よい香り。しかし味わいはドライ。10分もすると深みが出てきて期待しましたが、20分もすると今度は平板になってきました。やはり、本拠地のショレィ・レ・ボーヌを熟成させて飲んでみないといけませんね。

267

2009/10/10
■ ヴェルジェ「ブルゴーニュ・テール・ド・ピエール」2007
この「ブルゴーニュ・テール・ド・ピエール」は、ジャン・マリー・ギュファンスが、マコネとコート・ドールのシャルドネを使って造っているワイン。terres de pierres=stone groundsで、「石の大地」と銘打っています。石の豊富な土壌の特性を生かして、ミネラルが豊かで、酸や果実味も味わい深いものになっています。とても優しい味わいですが、飲みやすく仕上げたというレベルのものではなく、上出来なので飲みやすくなったという感じです。ギュファンスのプイイ・フュイッセやシャブリのワインも飲んでみたいものです。

266

2009/10/8
■ ジャン・グリヴォ「ブルゴーニュ・ピノ・ノワール」2006
ジャン・グリヴォは好きな作り手です。6,000円以上出せば、ヴォーヌ・ロマネの村名ものは何とか見つけられますが、逆に安価なものはなかなか手に入らないという状況です。このブルゴーニュ・ピノ・ノワールは底物ですが、さすがジャン・グリヴォらしくいい出来です。香りは控えめですが、熟成ピノを思わせる香りです。色合いは透明感があり、味わいも素晴らしく透明感があります。ただし、やはりACブルの宿命でしょうか、30分が過ぎると落ちて行き、平板になっていきます。でも、ACブルでこのレベルなら申し分なく満足できるワインです。写真下はジャン・グリヴォの畑の一覧(Winart41より)
2009/1/28「ヴォーヌ・ロマネ・1erレ・ルージュ」2001
2007/7/7「ブルゴーニュ・ピノ・ノワール」2004

265

2009/10/3
■ ドメーヌ・アルロー「ブルゴーニュ・ルージュ・ロンスヴィ」2007
Roncevieは畑の名前で、ジュヴレ・シャンベルタン村の74号線の東側。74号線の東側はよくて村名クラスの畑しかありませんが、このアルロー所有のロンスヴィは村名にもなっていません。しかし、西には特級のクロ・ド・ベーズやシャンベルタンがあり、実はなかなか素晴らしい位置になっています。抜栓時からうっとりする香り。味わいはしっかりとしたジュヴレ・シャンベルタンで、値段の割にはタンニンと酸がバランスよく、とても美味しい。平均樹齢は40年と言われています。(mapはWinart43より引用しマーキング)

264

2009/9/30
■ オー・ボン・クリマ「サンタ・バーバラ・ピノ」2006
オー・ボン・クリマの「サンタ・バーバラ・カウンティー・ピノ・ノワール」2006です。今回はカリフォルニアのピノのワイン。オー・ボン・クリマの底物です。ブルゴーニュ風の味わいを期待して抜栓。香りは樽香がしてスパイシー。透明感はなく、粉っぽさがあり。アルコールの強さを感じ、若干の苦味があり。冷ややかな味わいでクール。色合いは全く違いますが、以前飲んだシルヴィ・エスモナンの「コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ」の味わいとほぼ同等です。落ちていく感じが、あまりにもあっさりで、余韻がありません。
2008/7/2 シルヴィ・エスモナン「コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ」2005 

263

2009/9/28
■ ルイ・ラトゥール「シャブリ・ラ・シャンフルール」2007
手頃な白はないものかと街の酒屋へ物色に出かけました。見つけたのはこれ。ブルゴーニュ南部を本拠地にするルイ・ラトゥールだけど、「シャブリ」とは…。異質な感じがしますが、しかし逆にルイ・ラトゥールならそこそこの味わいを出してくれるだろうと購入。味わいは、シャブリ特有のミネラル感が足りませんでしたが、まあまあ美味しく飲めました。さて、このワイン、ネットでは2,100円で購入できますが、お店では3,000円。送料、代引料入れればトントンですが、やはり高い。こういう地方の状況が「ワインは高いし、分かりにくい」という印象を持たれる理由のひとつだと思います。

262

2009/9/27
■ ロゼ・ド・パヴィ・マカン[2005]
「シャトー・パヴィ・マカン」のニコラ・ティエポンと醸造家ステファン・デュルノンクールがタッグを組んで作っているロゼワイン。なぜかボトルにはビンテージの記載がない。ということは初リリースの2005年ものかと推察。値段は相当安いですが、そこそこ期待して抜栓。甘酸っぱい味わいが先行しますが、口の中では甘く変化していく感じです。大体、ロゼの良し悪しは全然分かりませんが、安い値段で楽しめるのなら良しという感じです。
2008/11/9 「シャトー・パヴィ・マカン」2004
2008/12/29 「シャトー・デギュイユ」2005
2007/9/12 「セニョール・デギュイユ」2005

261

2009/9/21
■ ドミニク・ローラン「ブルゴーニュ・パストゥグラン」2005
今日は、酒屋に寄って安いブルゴーニュを物色。ドミニク・ローランのパストゥグランで落ち着きました。2005年ものは以前にも飲んでいます。以前同様、酸味が第一番に迫ってくる感じです。次第にそこそこ味わいが出てきますが、30分ぐらい過ぎると平板になってきて、水っぽいというわけではないですが、分離した感じが出てきます。透明感は少ないですが、樽の香りがして、手を掛けて造っている感じがします。お店で立てて陳列してあったため、コルクが乾燥していて、開けるときにコルクを割ってしまいました。
以前のコメント 2009/3/23
 

260

2009/9/19
■ 「シャトー ポタンサック」1994
シャトー ポタンサックは、メドック格付2級の「シャトー・ レオヴィル・ラス・カーズ」のジャン・ユベール・ドロンが所有するワイナリーです。畑はサンテステフの北のオルドナック村。以前飲んだ1993年ものに比べると、印象は若干弱い。樽香中心で果実味はあまり感じられない。さらに複雑な味わいはあまり感じられないが、タンニンがまろやかで、15年の熟成が伝わってきます。中途半端な金賞受賞ボルドーとは比べものにならないくらいいい雰囲気を漂わせています。1995年ものが手に入れば試してみたい気がします。(mapはGooglemapよりマーキング)

2007/1/27 
「シャトー・ ポタンサック」1993

259

2009/9/16
■ コント・ラフォン「マコン・ミリィ・ラマルティーヌ」2007
ムルソーで最上の白の生産者として知られるドメーヌのコントラフォン。ムルソーの村名ものでも2万はするので、簡単には飲めない。しかし、このマコンのエリティエ・デュ・コント・ラフォンで造っているワインは、比較的手頃な値段でありながら、ドメーヌ・デ・コント・ラフォンと同じ醸造法で造っているようで、その味わいはマコンであっても格別のはずと期待して抜栓。確かにまろやかさが素晴らしく、酸味も丁度良く、バランスが素晴らしい感じです。ルフレーブのマコンと比べると、ややインパクトと凝縮感は弱めですが、優しい味わいという点では優れているかもしれません。このマコンは手頃であるだけに返って入手しにくい感じです。
2009/8/26 ルイ・ラトゥール「マコン・ヴィラージュ・シャムロワ」2007
2009/2/1 ルイ・ラトゥール「マコン・ヴィラージュ・シャムロワ」2005
2008/8/21 ルフレーヴ「マコン・ヴェルゼ」2006
258

2009/9/14
■ ドン・ペリニヨン・ヴィンテージ1999
近所の居酒屋さんに持ち込み、遅くから居酒屋さんのご家族と一緒に楽しみました。すでに、かなり飲んでいたので確かな感想ではありませんが、以前飲んだ2000年ものと比べると、やはりまろやかさとふくらみが違います。Winart39ではドンペリ1999の特集記事を組んでいますが、その中で、「1999は光と影のヴィンテージ…影を描くことによって明るさを際立たせる明暗法のような年。76年に似て光に満ちた年だったが、収穫の4、5週間前に光にブレーキがかかり、成熟のスピードがゆっくりとなり、かえって功を奏した年」だったと記されています。写真右の右の方は、醸造最高責任者のリシャール・ジェフロワ。左は専属シェフのパスカル・タンゴで、このWinart39では、ドンペリ1999とともに「7つの世界を体験する旅へ」というテーマで腕を振るった料理が載せてあります。(Winart39より引用)
2008/12/25 ドンペリ2000

257

2009/9/5
■ J・J・コンフュロン「ラ・モンターニュ・ルージュ」2004
J・J・コンフュロン「コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・ラ・モンターニュ・ルージュ」2004です。ジャン・ジャック・コンフュロンのワインの中では、最も価格が安いと思われるワイン。今までの経験からは、JJコンフュロンは透明感があり、すっきりとした切れのある味わいであるとの認識。今回のワインも価格は安いものの、それなりの味わいを期待して抜栓。しかし、酸味と渋みが一気に襲ってくる感じで、そのまとまりのなさは「これがコンフュロン?」と疑いたくなるほどで、しかも若干汗くさい。がっかりと思いましたが、20分もすると、落ち着いてかなりの雰囲気は出してくれました。しかし、それでもなかなか満足できません。同じヴィラージュものでも、「コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・レ・ヴィニョット」の方がいいですね。
2007/10/24 「コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ レ・ヴィニョット」2001
2008/3/17 「ニュイ・サン・ジョルジュ・レ・フルリエール」2001
2008/6/7 「シャンボール・ミュジニー」2000
2008/11/3 「ニュイ・サン・ジョルジュ レ・フルリエール」2005

256

2009/9/2
■ ドメーヌ・アミオ・セルヴェル「ブルゴーニュ・ルージュ」2007
アミオ・セルヴェルはシャンボール・ミュジニー村の生産者。このACブルゴーニュでも、きっとシャンボール・ミュジニーの片鱗を味わえるのではないかと抜栓。やさしい香り。味わいは暖かさを感じるようなほんわかとした味わい。あれ?優しすぎるなと思っていると、10分もするとしっかり開いてきて、かなりよい感じになりました。しかし、30分ぐらいすると一気に落ちていく感じで、持続力はいまひとつでした。値段からすれば十分ですが、もう一押し個性があったらいいかもと思いました。シャンボール・ミュジニーの村名ものあたりを試してみればさらに理解が深まるかもしれません。

255

2009/8/30
■ ドメーヌ・トルトショ「ジュヴレ・シャンベルタンVV」2007
ドメーヌ・トルトショはジュヴレ・シャンベルタン村にあるドメーヌ。そしてこのワインは樹齢40年以上でノンフィルターでしかも超お手頃価格の村名ワイン。以前にも2004年ものを試していて、やや雑な感はありましたが、値段の割にいけたので、またまたトライです。やはり奥行きや広がりは物足りませんが、赤い果実の風味を漂わせ、落ち着いた味わいです。まだ若いワインなのに熟成の片鱗が味わえます。今回の感想も、「値段の割にはそこそこいけるね」という感じでしょうか。 安い時に数本キープしておくと、重宝しそうです。
2006/12/16 
トルトショ「ジュヴレ・シャンベルタンV・V」2004
2007/8/12も同じもの 

254

2009/8/26
■ ルイ・ラトゥール「マコン・ヴィラージュ・シャムロワ」2007
安い白を探して近くの酒屋さんへ。このルイ・ラトゥールのマコンは以前飲んだことがあり、印象はまあまあだったので、ビンテージ違いで再度トライしてみました。味わいはあっさり。シャブリのようなミネラル感はなく、どちらかというとレモン蜂蜜風。軽い印象ですが、その軽さのおかげで飲み飽きない感じです。好みに差はあるでしょうが、ルフレーヴのマコンの方がコクはありますね。サラダはワカメ、豆腐、寒天、トマトなどを彩りよくあしらったもの。ドレッシングは好みのものを!というわけです。
2009/2/1 ルイ・ラトゥール「マコン・ヴィラージュ・シャムロワ」2005
2008/8/21 ルフレーヴ「マコン・ヴェルゼ」2006

253

2009/8/19
■ ミッシェル・ゴヌー「ブルゴーニュ・ルージュ」1998
大手のネゴシアンなどではあることですが、バック・ヴィンテージをドメーヌが保存するというのは、実はなかなか難しいことなのだと思います。しかしミッシェル・ゴヌーはバック・ヴィンテージのワインを安定的に供給できるようで、長期熟成の品質と管理に絶対の自信があるようです。また、作柄が悪ければリリースせずネゴシアンに売却してしまうというこだわりの作り手です。透明感が高く、味わいは熟成感がたっぷりです。時間とともに濃さが増し、味わいの変化を楽しむことができ、持続力があります。樹齢は40〜50年。新樽はあまり使用せず、木製の発酵槽使用。裏ラベルから「ポマール」産と思われます。

252

2009/8/15
■ ドメーヌ・ペロ・ミノのACブルとACブルVV2007
ドメーヌ・ペロ・ミノの「ブルゴーニュ・ルージュ」2007と「ブルゴーニュ・ルージュ・V.V」2007です。ドメーヌ・ペロ・ミノはモレ・サン・ドニのドメーヌ。これはACブルなのでドメーヌ・ペロ・ミノですが、畑は大きく2種類に分けられ、代々受け継がれているものは「ドメーヌ・アンリ・ペロ・ミノ」としてリリースされ、もう一つはクリフトフ・ペロ・ミノ(現当主)がドメーヌを引き継いでから増やした畑で、「ドメーヌ・クリストフ・ペロ・ミノ」としてリリースされています。平均樹齢が高いこと、収量を抑えていること、化学肥料を使用しないこと、発酵中のピジャージュなしなどが特徴です。今日はACブルとACブルのヴィエイユ・ヴィーニュ(写真右)の両方を開けました。やはりVVの方はまろやかです。2007年ものということで、フルーティさが前面ですが、すでにいい味わいを醸し出しています。あまり流通されていないので購入には苦労が伴います。バーベキューだったので写真はきれいではないです。

251

2009/8/7
■ アラン・ジョフロワのシャブリとグロフィエのACブル
ドメーヌ・アラン・ジョフロワの「シャブリ・1erCruボーロワ」2004とロベール・グロフィエの「ブルゴーニュ・ピノノワール」2007です。アラン・ジョフロワのこのワインは以前にも飲んでいて好印象でした。以前よりも味わいはさらにまろやかになり、十分満足できる状態になっていました。もし売りに出ていたらまた買いたいと思います。グロフィエは2007年ものなので奥深さを求めるのは最初から無理のようですが、グロフィエとしては若干物足りなさを感じました。2005年ものあたりが最高ですね。暑さが増すこの頃、手頃で美味しい白、そしてやっぱり欲しくなるピノの赤という訳です。
アラン・ジョフロワ
2007/5/9「シャブリ・キュヴェV・V」2005
2008/6/17「シャブリ・キュヴェ・V・V」2006
2008/12/26「シャブリ1erCruボーロワ」2004

ロベール・グロフィエ
2009/5/31「ブルゴーニュ ピノ・ノワール」2006
2009/3/7「ジュヴレ・シャンベルタン」2005  
2009/1/21「ブルゴーニュ・ピノ・ノワール」2005


250

2009/8/1
■ ベルトラン・アンブロワーズ「ムルソー1er・ポリュゾ」2003
相応の価格設定で評判も結構良いのですが、なかなか手を出しにくかった生産者です。やっと白の1erに挑戦です。きれいな黄色で輝きがあります。とても滑らかな味わいで、酸味というより、余韻に甘みが感じられます。優しすぎてついつい飲むペースが速くなってしまいます。ベルトランのメゾンは18世紀末から生産してきたとのことで、歴史があります。新樽使用の率が高いらしい(3/4程度か?)ですが、樽香は控えめで、十分な熟した果実味があります。ムルソーに畑があるかどうかは分からないので、葡萄は購入したものかもしれませんが、十分に満足できました。

2007/1/3アントワーヌ・シャトレ「AOCムルソー」2001
2008/10/23ヴァンサン・ジラルダン「ムルソー・ナルヴォー」2004

249

2009/7/31
■ シモン・ビーズの「サヴィニー・レ・ボーヌ・レ・ブルジョ」2006
ドメーヌ・シモン・ビーズ・エ・フィスの「サヴィニー・レ・ボーヌ・レ・ブルジョ」2006年ものです。当主のパトリックの奥さんは日本人。葡萄の除梗は一部しか行わず、テロワールのよさを引き出すようにしています。抜栓時は「あれ?」と思うほど静かな香りですが、20分もするとぐっと迫ってくるものがあり、味わいも同様に高まってきます。やや枯れた色合いと透明感は熟成ピノへの思いをそそり、深い印象を与えてくれます。あまり有名ではありませんが、納得できる作り手です。

2009/1/24ブリューノ・クレール「サヴィニ・レ・ボーヌ・1er・ドミノード」2003
2008/9/6ブリューノ・クレール「サヴィニー・レ・ボーヌ・1er」 2004
2007/10/1オスピス・ド・ボーヌ「サヴィニ・レ・ボーヌ・1er・キュヴェ・フォルヌレ」2002
2007/5/17オスピス・ド・ボーヌ「サヴィニ・レ・ボーヌ・1er・キュヴェ・フクラン」2002
2007/3/9ドメーヌ・フジュレイ・ド・ボークレール「サヴィニ・レ・ボーヌ・レ・ゴラルデ」2003

248

2009/7/27
■ ドミニク・ローランの「ニュイ・サン・ジョルジュ・No1・VV」2005
「ニュイ・サン・ジョルジュ・No1・VV」2005年ものです。ニュイ・サン・ジョルジュはヴォーヌ・ロマネの南。VV(VieillesVignes)は「古樹」のこと。ドミニク・ローランで古樹で、しかも最高のビンテージの2005年ということで、しっかりとした味わいを期待して抜栓。香りよし。濃い色合いで黒果実の味わいも十分です。さらに時間が経つにつれて、益々味わいが奥深くなり、かなり酔わせてくれます。持続力があるのも満足です。本当は飲んでしまわずに10年ぐらい寝かせるといいんでしょうけど。そうは簡単にはできないのが辛いところです。


247

2009/7/22
■ ジョルジュ・ヴィグルーの「グレヨン」2006
産地はカオール。カオールはボルドーから東に200キロくらいの場所。ぶどうはマルベック種(100%)で、とても色が濃く、「カオールの黒」と呼ばれています。抜栓すると、香りは静かめですが、味わいは熟したアメリカンチェリーのようです。いつも飲んでいるブルゴーニュのピノとはえらい違いで、酸味もほとんど感じれず、甘みが残ります。しばらくすると香りの深みも増し、結構酔ったりもします。ポリフェノールいっぱいという感じで、健康にはいいかもしれません。
246

2009/7/19
■ カシャ・オキダンの「ラドワ」2007
ドメーヌ・カシャ・オキダン・エ・フィスの「ラドワ」2007年ものです。先日飲んだAOCものの格上の村名ワインです。村の名前からすれば正しくはラドワ・セリニーなんですが、ラドワと表記することに決められています。やはり格上なだけあり、まろやかさが全然違います。AOCものに見られた液体と味わいの分離感は全くなく、一体化して溶け込んでいます。この味わいならば2002年ものあたりも飲んでみたい感じです。樹齢40年。


245

2009/7/17
■ カシャ・オキダンの「ラ・シャペル・ノートルダム」2007
ドメーヌ・カシャ・オキダン・エ・フィスの「ブルゴーニュ・ルージュ・ラ・シャペル・ノートルダム」2007年ものです。畑はコート・ド・ボーヌの北端のラドワ・セリニー村。またラドワ・セリニーのすぐ南はコルトンというわけで、ラドワ・セリニーは有名ではないですが実は結構いいテロワールです。色合いは紫が強め。味わいは透明感がありすぎて、まったりとした一体感を味わうという感じではありませんが、値段の割にはとても美味しく、インパクトもあります。写真右は当主のジャン・マルク・カシャ(右)とソフィー婦人、中央は息子さん。(Winart36より)

244

2009/7/16
■ ブシャール・ペール・エ・フィスのA O C ブル
ブシャール・ペール・エ・フィスの「ブルゴーニュ・ピノ・ノワール・ラ・ヴィ二ェ」2007年ものです。もともとネゴシアンであったブシャール家は、1995年、シャンパーニュで有名な「アンリオ」のオーナーのジョセフ・アンリオが経営を引き継ぎ、以後、優秀な畑の購入、技術革新の導入をして大躍進を遂げました。また、本拠地である「シャトー・ド・ボーヌ」の城の地下蔵には、数百万本ものワインが熟成の眠りについていると言われています。2007年からラベルが変わりました。昔のラベルも良かったけど、これもまあいいかな。やはり若くて青臭いですが、若いピノのフレッシュな感じは、はつらつとしていてこういうのも楽しみの一つとしていいかもしれません。
2007/1/20ボーヌ・1erCru・アヴォー1998
2007/3/17 ボーヌ・1erCru・マルコネ2002
2007/7/28ブルゴーニュ・ピノ・ノワール・ラ・ヴィニェ2005
2007/8/2ブルゴーニュ・レ・コトー・デ・モワンヌ・ルージュ2005
2007/10/14ジュヴレ・シャンベルタン2005
2008/2/28シャンボール・ミュジ二ィ2005
2008/6/13 メルキュレ2005

243

2009/7/4
■ ドルーアン・ラローズ「モレ・サン・ドニ」2002
ドルーアン・ラローズは、1850年創立のジュヴレ・シャンベルタンの有名ドメーヌ。ミュジニー、ボンヌ・マール、クロ・ド・ヴージョ、クロ・ド・ベーズ、ラトリシエールシャンベルタン、シャペルシャンベルタンとグランクリュを6箇所も所有しています。このモレ・サン・ドニはジュブレの南隣の村で、さらに南にはシャンボール・ミュジニーがある訳で、ジュブレのしっかり感とシャンボールの審美的な深みがマッチしたものと言えるかもしれません。香りも味わいも酸味が先行しますが、時間とともに深みが増し、十分な味わいとなりました。ズッキーニとナスを加えたチキンのトマト煮で合わせてみました。写真右は当主のフィリップ・ドルーアン。(Winart43,p95より)
2007/2/14ジュヴレ シャンベルタン2002

242

2009/7/2
■ ドミニク・ローラン「ジュヴレ・シャンベルタン1er」2005
ドミニク・ローランの「ジュヴレ・シャンベルタン1er・cuvee tradition」2005年ものです。キュベトラディションというやや曖昧な表示ですが、ジュヴレ・シャンベルタンの1級畑の葡萄でできたワイン。値段は1erにしては手頃ですが、果たして味わいは?ということで抜栓。予想を裏切らない香りが直後から漂い、味わいもしっかりとしたジュブレ。色合いや透明度もよく、これなら満足という感じです。ドミニク・ローランらしいしっかりとした造りです。この手のワインは見かけたらとりあえずキープしておいても悪くはないでしょう。

wine diary topへ。
ざっかラボ九隆庵のメインサイト。
こちらにもどうぞ!